ニキビ跡を消す方法で綺麗肌ゲット|化粧品効果で肌に自信をつける

スキンケア

古い角質を溶かして改善

女の人

ターンオーバーを促そう

赤みのあるニキビ跡は、肌のターンオーバーが異常化が原因です。ニキビの炎症が真皮層にまで及んだことにより、ヘモグロビンが色素沈着してしまっているのです。一般的に赤みのあるニキビ跡は、肌のターンオーバーが複数回繰り返されることで改善していきます。しかし、20代でも肌のターンオーバーの周期は約30日ほどです。30代になると周期は遅くなり、年齢を重ねると伴にさらに周期は遅れていきます。早く赤みのあるニキビ跡を治したい方は、肌ケアでターンオーバーの周期を促すようにしましょう。肌のターンオーバーを促すことで、肌の生まれ変わりを手助けすることができます。肌のターンオーバーを促すためには、ピーリング石鹸がおすすめです。

おすすめのピーリング石鹸

ピーリング石鹸とは、酸性の成分が配合された石鹸です。酸性の成分としてはフルーツ酸が代表的であるほか、グリコール酸やサリチル酸を配合したピーリング石鹸もあります。酸性の成分が肌に残っている古い角質を溶かしてくれるため、古い角質に隠れている新しい肌を生み出してくれる効果があります。赤みのあるニキビ跡を改善する効果があるため、まずはピーリング石鹸を使用してみてはいかがでしょうか。ピーリング石鹸を使用する際には、1週間に1回の使用頻度から始めましょう。ピーリング石鹸は肌に負担をかける成分は配合されていませんが、古い角質を溶かす特徴があります。あまりにも使用回数が多いと、肌にダメージを与える恐れがあります。1週間に1回使用し、様子を見ながら1週間に2回ほどまで使用するといいでしょう。